経営、登山、ミステリー、歴史小説など、幅広い分野を取り扱っています。

ご購入はこちら(Amazonのサイトへ)

タイトル:『AI戦国時代に勝ち残る税理士になる』<第一章>
著者:田形 昭乃
形式:Kindle版

弊社代表の著書、分冊版の<第一章>です。
レッドオーシャンである税理士業界で生き残るためには、差別化・ポジショニング、付加価値の高いコンサルティングサービスを行い、差別化する必要があります。この<第一章>ではITの進化に伴う税理士業務の変遷の話、これから税理士はどこに向かったら良いのかなどを考察します。

ご購入はこちら(Amazonのサイトへ)

タイトル:『真夏の風雪、のち晴天』
著者:田形 昭乃
形式:Kindle版

弊社代表でクライマー/アルピニストでもある田形昭乃が2017年にマッターホルンを登頂した際の手記です。嵐の中での停滞から登頂までの様子が目に浮かぶような臨場感に溢れた一冊です。現地の状況や安全登山についての思いも丁寧につづられています。

Kindle版のご購入はこちら(Amazonのサイトへ)
●ペーパーバック版のご購入はこちら(Amazonのサイトへ)

タイトル:『アイザックの末裔』
著者:朝香 晴斗
形式:Kindle版 および ペーパーバック版

新鋭ミステリー作家の朝香晴斗氏のデビュー作です。
東京・御徒町の宝飾街を舞台とする事件が事件を呼ぶ、読む者を熱くさせる一冊です。宝飾業界の新聞記者、宝飾業関係者、警察関係者による白熱した展開が繰り広げられます。

Kindle版のご購入はこちら(Amazonのサイトへ)
●ペーパーバック版のご購入はこちら(Amazonのサイトへ)

タイトル:『噴煙のゆくへ』
著者:朝香 晴斗
形式:Kindle版 および ペーパーバック版

朝香晴斗氏の待望の第二弾、本格歴史小説です。
江戸後期、信州佐久(現在の長野県佐久市)の某藩のお家騒動から始まり、農業改革を中心とする藩の財政改革を通じて、様々な人間模様が描かれています。その結末には誰もが涙することでしょう。